読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反転変換(円に関する反転)について(1)

反転変換は、下の図で、点  P d \times d' = r^2 になるような点  Q に写す座標変換です。

f:id:shspage:20170409123323p:plain

 P が円の中心に近いほど、 Qは中心から遠ざかり、
 P が円の中心と同じ位置の場合、 Q までの距離は無限遠になります。

反転に使った半径  r の円を基準円と呼びます。

Illustratorスクリプトの関数として書くと以下のようになります。

var Point = function(x, y){
    this.x = x;
    this.y = y;
}
// --------------------------------------
// Point p1, p2 の間の距離の2乗を返す
function dist2(p1, p2) {
    var dx = p1.x - p2.x;
    var dy = p1.y - p2.y;
    return dx*dx + dy*dy;
}
// --------------------------------------
// 半径 r, 中心 o の円に関して点 p を反転変換する。
// r2: float 半径 r の2乗
// o, p: Point
function inverse(o, r2, p){
    var d2 = dist2(o, p);
    if(d2 == 0){
        return Infinity;
    }

    var m = r2 / d2;  // ※

    var q = new Point((p.x - o.x) * m + o.x,
                      (p.y - o.y) * m + o.y);
    return q;
}

var m = r2 / d2; の部分についてですが、

 Q(x', y') の位置は、 P(x, y) x, y をそれぞれ  d で割って  d' を掛ければ求められますので、 *1

 \displaystyle
\displaystyle
Q = P \frac{d'}{d}

最初の式から  \displaystyle
d' = \frac{r^2}{d}
ですので、

 \displaystyle
Q = P \frac{\frac{r^2}{d}}{d}

分数の分母と分子に d を掛けると

 \displaystyle
Q = P \frac{r^2}{d^2}

となります。

たいていは多くの点について繰り返し使うような用途になるので、 半径をあらかじめ2乗しておき、距離も2乗として使い、 無駄な乗算や平方根の計算による処理時間のロスを減らしています。

で?

って感じですが、
これを図形に適用するとだんだん面白くなってきます。

1. 反転変換は円を円にする

下の図で基準円の内側にある、円周に沿って並べた点は、それぞれ基準円の外側にある点のように反転変換されます。

f:id:shspage:20170409164022p:plain

点が等間隔でなくなって、中心も変なところに行っていますが、変換された点も円を描いているようではありますね。

もっと点を増やすと、明らかに円を描いているのがわかります。

f:id:shspage:20170409164029p:plain

反転変換には「円を円に写す」という性質があります。

2. 反転変換は中心を通る円を直線にする

下の図で基準円の内側にある、中心を通る円に沿って並べた点は、 それぞれ外側にある直線に沿って並んだ点に変換されます。

f:id:shspage:20170409164039p:plain

「1」と矛盾するようですが、実はこれは同じことで、
私のイメージとしては、
と、下のような図を描くと数学のできる人がブチ切れそうですが、

f:id:shspage:20170409164044p:plain

前述のように、基準円の中心に置いた点は反転変換によって無限遠に飛ばされます。
つまり中心を通る円を反転すると、無限遠を通る円になります。
直線とは、無限遠を通る円の円周と考えることもできるのですね。

3. 反転変換の結果を反転変換すると元に戻る

反転変換の式、  d \times d' = r^2 は、  d' \times d = r^2 としても同じことですので、これは当然ですが、
この性質にしたがって言えば、「2」の「中心を通る円を直線にする」は「直線を中心を通る円にする」とも言えます。

※ 図を描くのに使用したスクリプトを記事の最後に掲載します。

活用例

円の外に描いた六角形(辺上にアンカーポイントをたくさん追加している)を 円を使って反転変換して、赤い線の形状にしました。

f:id:shspage:20170409170252p:plain

何か面白い形ができそうな感じがしないでしょうか。

記事の最後に掲載しているスクリプトはオブジェクトの中心座標を移動していますが、 この例ではアンカーポイントを反転変換しています。 スクリプトはほとんど似た感じなので Gist に置きました。

Illustrator:最背面のパス(円)に関して残りの選択パスのアンカーポイントを反転変換した座標に移動する · GitHub

つづく

今回はここまで。

たぶん(3)まで続く予定。

付録:図を描くのに使用したスクリプト

「で?」の節の図の作成に使用したスクリプトです。

// 最背面のパス(円)に関して残りの選択オブジェクトを
// それぞれの中心を反転変換した座標に移動する
// --------------------------------------
var Point = function(x, y){
    this.x = x;
    this.y = y;
}
// --------------------------------------
// 半径 r, 中心 o の円に関して点 p を反転変換する
// r2: float, 半径 r の2乗
// o, p: Point
function inverse(o, r2, p){
    var d2 = dist2(o, p);
    if(d2 == 0){
        return Infinity;
    }
    var m = r2 / d2;
    var q = new Point((p.x - o.x) * m + o.x,
                       (p.y - o.y) * m + o.y);
    return q;
}
// --------------------------------------
// Point p1, p2 の間の距離の2乗を返す
function dist2(p1, p2) {
    var dx = p1.x - p2.x;
    var dy = p1.y - p2.y;
    return dx*dx + dy*dy;
}
// --------------------------------------
// PageItem item の中心の座標を返す
function getCenter(item){
    var gb = item.geometricBounds;  // [left, top, right, bottom]
    return new Point((gb[0] + gb[2]) / 2,
                     (gb[1] + gb[3]) / 2);
}
// --------------------------------------
function main(){
    // 選択範囲を取得。最背面は反転に使用する円
    var sel = activeDocument.selection;
    
    var circle = sel.pop();
    var o = getCenter(circle);
    var r = circle.width / 2;
    var r2 = r * r;

    for(var si = 0; si < sel.length; si++){
        var p = getCenter(sel[si]);
        var q = inverse(o, r2, p);
        
        if(q != Infinity){  // 無限遠は無視
            sel[si].translate(q.x - p.x, q.y - p.y);
        }
    }
}
main();

*1:Oが原点の場合

pythonのライブラリtriangleをIllustrator用に使ってみる

先日見つけた、pythonで三角形分割をするライブラリ triangleIllustratorで使ってみるの巻。

f:id:shspage:20170408134153p:plain

このライブラリはドロネー三角形分割とかボロノイ分割に加えて、 高品質な三角形分割をするメソッドもあるのです。

三角形分割の品質を上げるには Ruppert’s algorithm などがあり、 仕組みは比較的シンプルなのですが実装するとなるととても面倒なのです。 ライブラリがあるなら使わない手はない、というわけです。

Illustratorからpythonを呼べればいいんですけど、
何かいい方法あるのかもしれませんが、
とりあえずファイルを介してデータをやりとりすることにします。

1. Illustratorで元になるパスを作る

文字をアウトライン化しました。

f:id:shspage:20170408133659p:plain

ベジエ曲線python側で扱えないので、 以前作ったスクリプトbrokenCurve.jsx 」で曲線を直線に分割しました。

これは曲線部分の「高さ」が指定値以下になるように分割するやつで、

f:id:shspage:20170408133727p:plain

できればアンカー間の距離が近くなりすぎないような制限も入れたりしたいところですけど。 とりあえず。

f:id:shspage:20170408133747p:plain

直線化したもののグループと複合パスを解除して、 「」になる部分はまとめてグループ化して最前面にしておきます。
穴は分かりやすいように黄色にしました。

2. 座標の情報をファイルに書き出す

Illustratorスクリプトで座標の情報をファイルに書き出します。

python側では “vertices”, “segments”, “holes” をキーとする辞書が必要ですので、 書き出すのはその元になる情報です。

vertices は2D座標の配列、 segments はverticesのインデックスのペアの配列です。 holes はオプションで、穴になる部分の内側の点の座標(穴ごとに1つ)の配列です。

function main(){
    var paths = [];
    var sel = activeDocument.selection
    extractGroup(sel, paths);
    // 穴は最前面のグループにする
    
    var vertices = [];  // 頂点座標(x, y)の配列
    var segments = [];  // 頂点インデックスのペアの配列
    var holes = [];     // 穴の中に含まれる座標(x, y)の配列

    // verticesとsegmentsの要素を生成
    var idx_base = 0;
    for(var ip = 0; ip < paths.length; ip++){
        var pp = paths[ip].pathPoints;
        
        for(var i = 0; i < pp.length; i++){
            var j = i == pp.length - 1 ? 0 : i + 1;
    
            var anc = pp[i].anchor;
            vertices.push(anc[0] + " " + anc[1]);
            
            var seg = (idx_base + i) + " " + (idx_base + j);
            segments.push(seg);
        }
        
        idx_base += pp.length;
    }

    // 穴の要素を生成(最前面がグループの場合)
    if(sel[0].typename == "GroupItem"){
        for(var i = 0; i < sel[0].pathItems.length; i++){
            with(sel[0].pathItems[i]){
                // 中心の座標を穴の目印にする
                holes.push((left + width / 2) + " " + (top - height / 2));
            }
        }
    }

    // ファイルに書き出し
    var fw = new File("~/data.txt");
    if(fw.open("w")){
        fw.write(vertices.join(",") + "\r\n");
        fw.write(segments.join(",") + "\r\n");
        fw.write(holes.join(",") + "\r\n");
        fw.close();
        alert("saved");
    } else {
        alert("failed to save");
    }
}

function extractGroup(sel, paths){
    for(var i = 0; i < sel.length; i++){
        if(sel[i].typename == "PathItem"){
            paths.push(sel[i]);
        } else if(sel[i].typename == "GroupItem"){
            extractGroup(sel[i].pageItems, paths);
        }
    }
}
main();

書き出されたファイルはこんな感じ。

175.3955078125 -36.068359375,174.177705535043 -31.5290598790816,...
0 1,1 2,2 3,3 4,4 5,5 6,6 0,7 8,8 9,9 10,10 11,11 12,12 13,13 14,...
170.613525390625 -32.98388671875,128.70361328125 -38.602783203125

3. pythonで処理

ファイルをpythonで読み取って処理します。

triangulateのオプションは色々あって、一部を挙げると、
p” は Planar Straight Line Graph を構成します。穴がある場合はこれをやらないとダメっぽい。
q” は 三角形の角が20度以下にならないように分割品質を向上させます。(角度は指定も可)
a” は 三角形の最大の面積を制限します。値を小さくすると三角形の数が増えます。

triangulate が返す辞書には以下のキーがあります。 ‘segment_markers’, ‘segments’, ‘holes’, ‘vertices’, ‘vertex_markers’, ‘triangles’

ここでは vertices と triangles だけ使います。 triangles は頂点インデックス3つの組み合わせの配列です。

import numpy as np
import triangle

tri = {}
f = open("data.txt", "r")
r = f.readline().strip().split(",")
tri["vertices"] = np.array([map(float, x.split(" ")) for x in r])

r = f.readline().strip().split(",")
tri["segments"] = np.array([map(int, x.split(" ")) for x in r], dtype=np.int)

r = f.readline().strip().split(",")
if r[0] != "":
    tri["holes"] = np.array([map(float, x.split(" ")) for x in r])
f.close()

# triangulate!
result = triangle.triangulate(tri,'pqa10')

vs = result["vertices"]

fw = open("data_out.txt", "w")
for t in result["triangles"]:
    fw.write(\
      "%f %f" % tuple(vs[t[0]].tolist())\
      + " %f %f" % tuple(vs[t[1]].tolist())\
      + " %f %f" % tuple(vs[t[2]].tolist())\
      + "\n")
fw.close()

複雑な形状だと無理があるのか、実行すると時々pythonが異常終了します。 この例の場合は結局「tri」と「angle」で別々に処理しました。

書き出されたファイルはこんな感じ。

15.524214 -50.253923 17.989927 -52.059161 17.915429 -47.283785
16.083425 -39.977783 19.255991 -39.439819 17.169918 -36.654585
20.664551 -36.546631 18.826192 -33.653442 17.169918 -36.654585
...

4. Illustratorで描画

書き出したファイルをIllustratorスクリプトで読み込んで描画させます。

function main(){
    var f = new File("~/data_out.txt");
    if(!f.open("r")){
        alert("failed to open");
        return;
    }
    var lines = f.read();
    f.close();

    var data = lines.split("\n");

    for(var i = 0; i < data.length; i++){
        var vs = data[i].split(" ");

        var r = [];
        for(var j = 0; j < vs.length; j+= 2){
            r.push([parseFloat(vs[j]), parseFloat(vs[j+1])]);
        }
        var path = activeDocument.activeLayer.pathItems.add();
        path.setEntirePath(r);
        path.closed = true;
    }
}
main();

f:id:shspage:20170408134124p:plain

これだけだと面白くないので、 以前作った「 noiseFill.jsx 」というスクリプトで色分けしました。

f:id:shspage:20170408134149p:plain

灰色だと寂しいので、 Illustratorの「カラーを編集」の機能で適当に再配色してみました。

f:id:shspage:20170408134153p:plain

なんとなく春らしく。

という感じです。

おしまい。

newLayer extension 1.2.6

前に作ったIllustrator CC以降用のエクステンションですが、
最近レイヤー数が多いものを作っていて地味に役立ったので、
少し改良して再掲。

f:id:shspage:20170404215104p:plain

基本機能

  • カラーチップを押すと新規レイヤーを追加します。
  • auto ボタンを押すと適当な色でレイヤーを追加します。
  • チェックボックスにチェックがついているときは現在のレイヤーの色を変えます。
  • チェックはマウスポインタがパネルの外に出た時点で外れます。

これらの機能により、しつこく出てくる黄色・黒・灰色レイヤーの回避を補助します。

レイヤーパレットの下にくっつけておくのがおすすめ。

改良点

改良1チェックボックスがチェックしにくいので、横の文字の部分をクリックしても チェックの付け外しができるようにしました。

改良2:パネル上をドラッグしたときに、文字部分が選択反転状態にならないようにしました。

ダウンロード

aicc_ext_newLayer126.zip

余談

Windowsだとエクステンションのインストール場所は C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Adobe\CEP\extensions にもできて、こっちの場合「ユーザー名」さんしか使えないのだけど、 中身を簡単にいじりたいときにフォルダの権限変えたりしなくていいから、 ZXPInstallerでもこっちに入れる選択肢があったらいいのにと 思うのだけど何か問題が起きたりとかあるのかな? 私は今のところ特にありません。